千葉商科大学経済研究所プロジェクト

2012年4月に、千葉商科大学経済研究所で「脱・自動車依存と都市のコンパクト化による持続可能な経済・社会・地域の実現 -実証分析、政策立案、実現可能性検討、提言―」をテーマとしたプロジェクト(以下、「コンパクトシティ・プロジェクト」と呼ぶ)がスタートした。研究メンバーは

 
小栗幸夫 政策情報学部・教授 (ソフトカープロジェクトチーム、都市計画)
原科幸彦 同 (東京工業大学名誉教授、環境アセスメント)
平原隆史 同 (計量社会学)
小林 航 同(経済学、財務省財務総合政策研究所を経て現職)
森田 喬 法政大学工学部・教授(地図情報論)
高田一夫 一橋大学・名誉教授(福祉社会論、プロジェジェクトアドバイザー)

このプロジェクトは2012年度、2013年度の2か年にわたるもので、2014年3月に結果をとりまとめる予定である。

TOPへ戻る